忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

入試現代文へのアクセスを読んで

現代文の正攻法の基礎が詰まったものであり、人によって差が出る「出口」系の本よりは安定した成績の伸びが期待できる入試現代文対策の決定版と言っていいだろう。
本書の特徴としては、読み方に対する姿勢のポイントを的確に提示していること、そして詳しい過不足のない解説である。更に個人的に付け加えるのであれば、浅田彰や村上春樹、安部公房などといった、読書好きの人であれば思わず読みたくなってしまう材料を選んでいる点にもあると思う。ゆえに、読書好きであるけど、現代文の成績が安定しない方々には大いに推薦する。

一応の対策として、まずこの前に田村の「やさしく語る現代文」で一応の読み方を学び、本書でそれを定着させ、「現代文と格闘する」までやってしまえば入試現代文の力としては抜きに出るであろうと思う。その後は田村氏の現代文対策の本をするなり、Z会のものをするなりすると鬼に金棒だろう。

河合塾 国語
PR

大人の女性としてマナー

ただし、あくまでお呼ばれであることは終始頭に置いておきましょう。華やかに着飾った自分の美しさをアピールしたいあまり、他の出席者と比べてあまりに奇抜だったり浮いてしまうような色・デザインは考えものです。また、結婚式のお呼ばれでは、マナーして主役である新婦よりも目立つのはNGと言われ、特に花嫁のウェディングドレスと同じ白色のドレスはタブーというのが常識とされています。
せっかくパーティードレスで美しく装った晴れの日には、大人の女性としてマナーも大切に、優雅にふるまいましょう。

パーティドレスの心得

パーティードレスは、結婚式や二次会、レセプションや謝恩会、卒業記念パーティーなど、華やかな宴席に着るきらびやかなドレスです。カラーフォーマルと呼ぶこともあり、和服の留袖や振袖に相当する洋装の正装として、慶びの気持ちを表します。

ドレスにもいろいろ種類があり、ウェディングドレスやステージドレス、カクテルドレスなど、主役級の目にも鮮やかなドレスから、社交ダンスのドレスやチャイナドレス、子どものドレスなど、ドレスというキーワードがつく言葉には実にいろいろなものがあります。パーティードレスは、結婚披露宴や二次会、何らかの記念パーティーなど、基本的に「お呼ばれ」の席に着るものと考えればよいでしょう。女性の色鮮やかなパーティードレスは、場をパッと華やかな雰囲気にしてくれるものです。ヘアスタイルやジュエリー、アクセサリーなどの小物も添えて、普段とは違う色鮮やかなパーティードレスに身を包めば、それだけでパーティーの演出とも言えるほど、周囲の目にも眩しく映えることでしょう。

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R